会長挨拶

 

「変化の時代 よりよく生きるために」

2021〜2022年度
天童東ロータリークラブ会長
    相 馬 勝 博

 この度、天童東ロータリークラブの2021-2022年度第37代会長を務めさせていたくことになりなりました。
小関幹事ともども、1年間宜しくお願いいたします。

さて、2021―2022年度RI会長シェカール・メータ氏は、年度テーマを、

『奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために』
  と定め、講演の中で、「奉仕とは、自分がこの地上に占める空間に対して支払う家賃である」と言って、会員増強とともに人々の人生、そして自分の人生を豊かにするために奉仕活動をしようと呼び掛けています。

 さらに、第2800地区ガバナー矢口信哉氏は、地区テーマを

「中核的価値観のもと、時流対応の時」
〜 奉仕の心の醸成と実践するロータリアン 〜

 と定め、ロータリーを定義付ける価値観すなわち中核的価値観(奉仕・親睦・多様性・高潔性・リーダーシップ)の会員同士の認識の共有を説いています。

 昨年来の新型コロナ感染症は、生活様式、働き方にも変化をもたらし、ロータリー活動も大きな制約を受けています。ワクチン接種等により早期の終息を願うばかりですが、終息しても、まったく以前の状態に戻ることはなく、変化の流れは続くと思われます。

 また、国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の17項目の目標達成に向けて、国、地方、企業といろいろな場所で取り組みがなされるようになっていますが、この目標はロータリーが目指し実践してきたことと重なります。

 こういった大きな変化の中で、私達ロータリアンが、どのように考え、どのように生きていくのか一緒に考えていきたいと思います。

 そこで、天童東ロータリークラブの2021-2022年度テーマを「変化の時代 よりよく生きるために」とさせていただきました。

 ロータリーに入って、いろいろな方と出会え、交流できることは、非常に有益で楽しいものだと思います。この楽しさを、会員同士だけでなく、新たな会員にも伝え、会員増強に繋げられればと思います。

 また、「継続は力なり」という言葉もありますが、コロナ禍による制約はあったとしても、モンゴルへの支援及び天童ひまわり園との交流事業は継続していきたいと考えています。

 私一人では何もできません。会員の皆様の力をお借りし、皆でロータリーライフを楽しみましょう。

【活動目標】
1.皆で会員増強に努めよう

   クラブの維持発展には、会員数の維持・増加は欠かせません。ロータリーの楽しさを、会員が発信していきましょう。

2.奉仕活動を継続しよう
   モンゴルへの支援活動、天童ひまわり園との交流事業及び元米山奨学生トウムルー・リンさんへの支援を継続していきます。

3.RI・地区事業へ協力しよう
   米山奨学会及びR財団へできる限りの寄付をしていきましょう。また、地区事業には、積極的に参加していきましょう。

4.会員間の親睦に努めましょう
   例会の親睦事業だけでなく、会員の知見を他の会員にも伝えられたら、実りある親睦となるのではないでしょうか。


   【会長プロフィール】

  生年月日      昭和30年12月10日
  職業分類      社会保険労務士
  自宅住所      〒994-0007 天童市大字大清水543−2
  勤務先       社会保険労務士相馬事務所 所長
  電話        023-654-0661
  FAX       023-654-0658
  Eメール       ksk.soma@nifty.com

  ≪ロータリー歴≫
  2007年   天童東ロータリークラブ入会
  2014〜15年 地区ローターアクト委員
  2017〜18年 幹事
  2019〜20年 副会長
  2020〜21年 会長エレクト